虫歯治療・小児歯科

大切な歯を虫歯から守る~負担の少ない虫歯治療と小児歯科~

患者様が歯医者を訪れるのは、やはり虫歯にかかったときが一番多いのではないでしょうか。虫歯はその段階によって、治療方法が変わってきます。長岡京市の歯医者「福田歯科クリニック」では、なるべく削らない治療方法を実践しています。お子様の歯を虫歯から守る小児歯科にも力を入れて取り組んでおりますので、お気軽にご相談ください。

虫歯治療

虫歯とは、お口の中にいる細菌がつくり出す酸によって、歯が溶かされてしまう病気です。歯の表面にあるエナメル質からはじまって、内側にある象牙質や歯ずいへと徐々に進行していきます。

初期の虫歯は痛みもほとんどないため、なかなか気づきにくいもの。でも、この段階で発見できれば簡単な治療で治すことが可能です。しかし一度悪化すると、その段階によって治療はどんどん複雑になり、時間や費用がかかるだけでなく、歯自体へのダメージも大きくなって、患者様のご負担も増えてしまいます。

虫歯の進行段階と治療方法
進行段階 症状 治療法
C0(シーゼロ)
【ごく初期の虫歯】
C0(シーゼロ)ごく初期の虫歯
歯の表面を覆っているエナメル質が酸で溶かされ、白っぽくなっていますが、まだ穴はあいていません。自覚症状もないため、虫歯に気づかない方も多い段階です。 きちんとブラッシングをしたり、フッ素塗布を行ったりなど、適切なケアをすれば治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1 エナメル質の虫歯
エナメル質が溶けてしまい、表面が黒っぽく見えることがありますが、まだ痛みはほとんど感じません。冷たい物を口にすると、歯がしみることがあります。 虫歯になった部分を削って、レジン(歯科用プラスチック)を詰めます。
C2
【象牙質の虫歯】
C2 象牙質の虫歯
エナメル質の下にある象牙質にまで虫歯が達してしまい、表面に穴があいています。冷たい物や甘い物を口にすると歯がしみるようになり、痛みを感じることもあります。 虫歯の部分を削って、詰め物をします。患部が大きい場合は、インレー(詰め物)を作製して補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3 神経まで達した虫歯
虫歯が象牙質の内側にある神経にまで達した段階です。痛みがひどくなり、熱い物がしみるようになります。 神経を取り除く根管治療を行い、クラウン(被せ物)を装着します。
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4 歯根まで達した虫歯
歯がほとんど溶かされてしまい、歯根まで虫歯が広がった状態です。一時的に痛みが止まることがありますが、膿が溜まってくるとまた痛み出すことがあります。 ここまでくると、歯の機能を回復させることはほぼ不可能です。ほとんどの場合、抜歯をした後入れ歯やインプラントなどで機能を補うことになります。

当院の虫歯治療の特徴

虫歯診断書・ビジュアル診断書

当院では虫歯の治療で来院された患者様に、患者様の歯の状態をイラストで示した「虫歯診断書」と、お口の中をいろいろな角度から撮影した「ビジュアル診断書」をお渡ししております。虫歯の場所やその段階などが一目でわかるようになっていますので、ご自身のお口の状況を理解していただき、治療への意識を高めていただくのに大変役立っています。

  • 虫歯診断書
  • ビジュアル診断書
カリソルブ治療
  • カリソルブ治療

当院ではなるべく削らない虫歯治療を実践しております。スウェーデンで生まれた「カリソルブ治療」は、歯に特殊な薬剤を塗布することで、虫歯にかかった部分だけを溶かして取り除く治療方法です。

患部のみを取り除くことが可能なため、健康な部分の歯を傷つけることがほとんどありません。また、通常は麻酔の必要もないため、小さなお子様や痛みへの不安が大きい患者様、ご高齢の患者様にも、負担なく治療を受けていただけます。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、「お子様のお口の健康管理」を目的とした診療を行っています。お子様の歯の健康を守ることは、大人になってからのお口の状態にも大きな影響を与えます。

痛くなってからではなく、普段からこまめなケアを行うことが、虫歯の早期発見や予防につながるのです。当院ではお子様が虫歯にならないよう、予防に重点を置いた診療を実践しております。

小児歯科メニュー
  • キッズソルブ
    キッズソルブ

    スウェーデンで開発されたカリソルブは、歯に特殊な薬品を塗布し、虫歯になった部分だけを溶かして除去する技術です。歯を削らないため健康な歯を傷つけずに済み、ほとんどのケースでは麻酔も必要ありません。

    キッズソルブは、これをお子様の歯に合うように配合したものです。痛みやドリルのキーンという音が苦手なお子様にも、負担なく治療を受けていただけます。

  • ブラッシング指導
    ブラッシング指導

    お口の健康を守るためには、毎日のブラッシングが欠かせません。当院では、お子様一人ひとりに合ったブラッシングのやり方をアドバイスします。保護者の方には、効果的な仕上げみがきの方法の指導を行います。

  • シーラント
    シーラント

    奥歯の溝は複雑な形をしているため、ブラッシングが上手にできず、虫歯になりやすい状態になっています。シーラントとは、その溝に歯科用のプラスチックを埋め込んで、虫歯になりにくくする治療方法です。

  • フッ素塗布
    フッ素塗布

    歯の表面にフッ素を塗布することで、歯の質を強くし、虫歯になりにくい歯をつくります。また、ごく初期の虫歯の再石灰化を促す効果も期待できます。虫歯の予防のためには、定期的に塗布するのが効果的です。