入れ歯治療・接着ブリッジ

  • ホーム
  • 入れ歯治療・接着ブリッジ

“咬める喜び”を実感できる入れ歯

“咬める喜び”を実感できる入れ歯

歯を失ってしまったときに、その機能を取り戻す治療方法としてインプラント治療などがあります。しかし、全身疾患のある患者様には向かないなど、気軽な治療方法とはいえない面もあります。京都府長岡京市の歯医者「福田歯科クリニック」では、患者様一人ひとりに合う使いやすい入れ歯をおつくりします。

患者様のお口に合った入れ歯を

咬む機能を取り戻すための治療として、インプラント治療はとても優れています。でも、昔からある入れ歯治療を選択する患者様もたくさんいらっしゃいます。

入れ歯には「保険診療」「自費診療」があります。自費でつくる入れ歯は素材や形式の選択肢が広く、より快適な使用感を実現できます。もちろん保険診療でも、しっかりと咬める入れ歯をつくることは可能です。

当院では患者様一人ひとりのお悩みやご希望をしっかりとお聞きした上で、最適な入れ歯をおつくりします。お気軽にご相談ください。

患者様のお口に合った入れ歯を

入れ歯の種類について

一口に入れ歯といっても、その種類にはさまざまなものがあります。当院ではそれぞれのメリット・デメリットや適性について、患者様にご理解いただけるまで分かりやすくご説明します。

保険診療の入れ歯
レジン床義歯
レジン床義歯 保険診療では一般的な、レジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。
メリット
  • 保険でつくることができるため、費用が抑えられる
  • ほとんどの症例に対応が可能
  • メインテナンスが簡単
デメリット
  • 天然の歯の1~2割程度しか、咬む力の回復が見込めない
  • 厚みがあるため、装着すると多少違和感がある
  • 顎の骨の状態の変化により合わなくなってくるため、定期的につくり直す必要がある
自費診療の入れ歯
金属床義歯(ゴールド、チタン、コバルトクロム)
ゴールド チタン コバルトクロム
ゴールド チタン コバルトクロム
高品質な仕上がりの入れ歯です。金属アレルギーを起こしにくいのが特徴です。 丈夫で軽い仕上がりです。金属アレルギーを起こしにくいのが特徴です。 チタンよりは多少重いものの、丈夫で長持ちをする入れ歯です。
メリット
  • 保険診療の入れ歯よりもしっかりと咬める
  • 薄いので装着したときの違和感が少なくて済む
  • 熱伝道率が高いので、食べ物や飲み物の温度を感じやすい
  • ほとんどの症例に適応する
  • 丈夫で汚れがつきにくい
デメリット
  • 保険診療よりも費用が高くなる
  • 顎の骨の状態変化により合わなくなってくるため、こまめな調整が必要になる
  • 素材によっては金属アレルギーを起こすリスクがある
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金属の留め具(クラスプ)を使わない部分入れ歯で、装着時の違和感が少ないのが特徴です。歯肉の部分には自然なピンク色のシリコンを使っているので、口を開けても目立ちません。
メリット
  • バネを使わないので見た目が美しい
  • バネ式の部分入れ歯と違い、支える歯に負担がかからない
  • 外れにくく、フィット感に優れている
  • 今使っている入れ歯をベースにして作製できるケースがある
  • ほとんどの症例に適応する
デメリット
  • シリコン素材を使っているので、汚れがつきやすい
  • 修理をするのが難しい
  • 顎の骨の状態の変化により合わなくなってくるため、こまめな調整が必要になる
  • 保険診療よりも費用が高くなる
コーヌスクローネデンチャー
コーヌスクローネデンチャー 円錐形の2重構造になっており、内冠・外冠をピッタリはめることで外れにくい構造になっています。取り外しが可能で、バネを使っていないので目立ちません。
メリット
  • バネを使わないので目立ちにくい
  • 痛みが出にくい
  • 外れにくく、フィット感に優れている
  • 簡単に修理できる
  • 壊れにくく、長持ちする
デメリット
  • 適応できないケースがある
  • 支えとなる歯を削る必要がある
  • 保険診療よりも費用が高くなる
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 残っている歯の根っこと入れ歯の両方にマグネットを取り付けて、磁石の力で固定する入れ歯です。外れにくく、自然な見た目を実現できます。
メリット
  • バネを使わないので目立ちにくい
  • しっかりと固定されるので、ずれにくい
  • 取り外し可能で、お手入れが簡単
デメリット
  • 神経を取った歯に限られる
  • MRIなど磁力を使った検査をするときは取り外す必要がある
  • 心臓ペースメーカーを使っている場合は適応できない
  • 保険診療よりも費用が高くなる

「ブリッジ治療」:両隣の歯を削らない接着ブリッジという選択

歯を失ってしまった際に行う治療には入れ歯やインプラントなど、複数の方法がありますが、その中のひとつにブリッジ治療があります。

従来のブリッジ治療
従来のブリッジ治療従来のブリッジ治療

これは失った歯の両隣の歯を削って軸にし、橋(ブリッジ)のように歯を補完する方法で、よく行われる一般的な治療なのですが、何の問題もない健康な歯を削らなければならない点が大きなネックになっていました。歯は一度削ってしまうと、二度と元には戻らず、だんだん弱くなってしまい、削ったところから虫歯になっていくケースが多く、最後には抜けてしまう恐れもあります。患者様の歯を守るために「できるだけ削らない」ことをモットーにしている当院では、歯を削らなくてすむよう「接着ブリッジ」という治療を取り入れています。これはその名のとおり、歯を削らずに隣の歯に接着させることで歯を補完する方法です。

接着ブリッジ
接着ブリッジ接着ブリッジ
この治療法を行うことで下記のようなメリットが生まれます。
  1. メリット1 「健康な歯を削る必要がない」
    (少しだけ削る場合もあります)
  2. メリット2 「歯の神経を残せる」
  3. メリット3 「1~2回の来院で治療が終わる」
  4. メリット4 「金属アレルギーを引き起こさない」

残念ながら一度失った歯は戻ってきません。自分の歯をしっかり残すためには、削らないという選択をすることが大きなポイントです。「これまで食べられていたものが食べられなくなってしまった」、「人の目が気になって笑えない」という辛い思いをしないよう、当院では患者様の歯を守るための努力は惜しみません。治療についてご不明の点がありましたら、お気軽にご相談ください。
※接着ブリッジは保険適用外です。

この治療法を行うことで下記のようなメリットが生まれます。この治療法を行うことで下記のようなメリットが生まれます。

残念ながら一度失った歯は戻ってきません。自分の歯をしっかり残すためには、削らないという選択をすることが大きなポイントです。「これまで食べられていたものが食べられなくなってしまった」、「人の目が気になって笑えない」という辛い思いをしないよう、当院では患者様の歯を守るための努力は惜しみません。治療についてご不明の点がありましたら、お気軽にご相談ください。
※接着ブリッジは保険適用外です。